須磨区自立支援協議会
グーグルで検索 WWW検索 サイト内を検索


ホームへ戻る 須磨区地域自立支援協議会とはへ 福祉ガイドマップへ 行事のご案内へ こんなことしました 活動報告へ すま障害者地域生活支援センターへ 小規模作業所自主製品紹介コーナーへ リンク集へ

HOME > すま障害者地域生活支援センター > 今後の行事予定

すま障害者地域生活支援センター
すま障害者地域生活支援センターとは ぴあカウンセリングなどのご案内 今後の行事予定 活動報告 センター通信

すま障害者地域生活支援センターでは、「ピア・カウンセリング」「名谷・まちかど講座」などを開催しています。



行事名 第10回いたやどまちかど講座 この行事は終了しました
タイトル 『見えないものに思いをよせる〜内部障害を持つということ〜』
団体名 すま障害者地域生活支援センター
日時 2007年1月20日(土)14:00〜15:30
ところ すま障害者地域生活支援センター 多目的室
内容 お話:本城欣三さん
須磨本区 内部障害者福祉相談員
ウロストミー(人工膀胱)ユーザー

〜オストメイトであることは、不便であっても不幸ではありません〜
内部障害について、皆さんはどのくらいご存知ですか?
障害を持って知ったこと。また、皆さんに知ってほしいこと。
当事者の立場からお話いただきます。
*本城さんには、センター通信第7号「まちのゆめ」に手記をお寄せいただきました。合わせてご覧ください*

申込み
すま障害者地域生活支援センター
☎078−735-3833/FAX078−735-3834
お申込みの際に、参加動機や疑問や質問などをお聞かせいただけると幸いです。講座内容に反映させていただきます。



行事名 第9回いたやど・まちかど講座 この行事は終了しました
タイトル 『こころの病を考える〜地域で共に生きる〜』
団体名 すま障害者地域生活支援センター
日時 2006年10月21日(土)14:00〜15:30
ところ すま障害者地域生活支援センター
内容 お話:奥山 基子さん(神戸医療福祉専門学校 副校長)
「精神障害」に、どのようなイメージをお持ちですか?

長い間、精神疾患が医学的に未解明であったため、一般的に直らない病気と思われ、障害のある人が誤解されることがしばしばありました。

近年では、脳の病気と考えられ治療薬も開発されて、回復する病気となりました。でも、まだまだわかりにくい障害ではないでしょうか。

障害がある人もない人も、地域で共に生き生きと生活していくには?精神障害の特性等をしり、理解を深めます。どうぞ、ご参加ください。

申込み:すま障害者地域生活支援センター
☎078−735-3833/FAX078−735-3834
お申込みの際に、参加動機やお聞きになりたいこと・質問などをお聞かせいただけると幸いです。講座内容の参考にさせていただきます。



行事名 まちかどギャラリー この行事は終了しました
タイトル 作品展示会『すまア〜ト展』
団体名 須磨区ボランティアセンター
日時 2006年11月6日(月)〜24日(金)10:00〜16:00
ところ すま障害者地域生活支援センター
内容  『1人暮らしの高齢者に、あなたの描いたすてきな絵で元気をプレゼントしませんか?』

1人暮らしの高齢者の中には、いつも壁ばかり見つめていて寂しい気持ちになったり、壁の模様が変な形に見えて怖い気持ちになったりする方もいます。そんな高齢者の方に、明るい元気な絵・心やすらぐ絵をプレゼントして、喜んでいただきたいと思っています。

 そんな気持ちの詰まった絵の展示会を開催します。

企画にご協力いただける方を募集中!
ー作の絵画を提供してくださる方(画家ボランティア)
絵を希望される方
4覯莟娠張好織奪奸屬垢泪◆船搬癲

詳細は、須磨区ボランティアセンターTEL:731-8922/FAX:736-4486まで。上記団体名より、ホームページにリンクしております。




行事名 まちかどギャラリー この行事は終了しました
タイトル 『和布遊び〜懐かしさと愛らしさを貴方に〜』
団体名
日時 2006年10月19日(木)〜10月25日(水)10:00〜16:00
ところ すま障害者地域生活支援センター
内容 橋爪今江さん個展。
「かすり」「ちりめん」といった、「和布」を使った作品をお披露目します。懐かしさと、素朴で温かい雰囲気をもった小物の数々。
橋爪さんが楽しみながら、ひとつひとつ手作りしました。
手作りの楽しさと、橋爪さんのお人柄が伝われば。
どうぞお越しください。



行事名 第8回いたやど・まちかど講座 この行事は終了しました
タイトル 『考えてみませんか?』〜知的障害・身体障害〜
団体名
日時 2006年7月15日(土)14時〜15時30分
ところ すま障害者地域生活支援センター
内容 お話:神戸女子大学健康福祉学科 助教授 植戸 貴子さん

障害のある方と、関わったことはありますか?
「障害」とはなんでしょう。どんな「個性」をもっておられるのでしょう。私たちが、お手伝いできることは何でしょうか。
知的、身体障害がある方の援助に携わってきた経験を元に、皆さんと考えたいと思います。

定員は20名です。
お申込みは、センター☎735-3833/FAX735−3834 まで、お気軽にどうぞ。



前のページへ 次のページへ
Copyright (c) A local network meeting for a handicapped person of Suma All Rights Reserved.
お申込/お問合せはこちら